December 16, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(22)

 完成した旧阪鶴鉄道の客車ですが、DC運転では全く問題無いのに、DCCで運転するとホイロ以外の室内灯が非常に暗く、点いているかどうか分からない状態でした。
 回路を再掲します。
Leddrive2
 テスターで当たってみると、DC-DCコンバータの入力が、本来は約15V程度のはずが1V程度しかありません。入力のコイル(L1)をショートしたり、瞬断対策のコンデンサ(C1)を外すと14Vになります。間にダイオードブリッジが入っていますが、レール側から見るとLC(R)の直列回路になるので、共振状態になっているのではないかと考えました。
 コンデンサは470μF、コイルはありあわせのものを使ったので、ホイロは1mH、ほかの3両は2.2mHでした。共振周波数を計算するとホイロは232Hz、ほかの3両は156Hzです。DCCの線路電流の周波数は、機芸出版の「DCCマニュアル2009」によると150~200Hzとなっています。使っているKATOのDCCシステムの周波数は不明ですが、以上から、共振状態になっていると判断し、ホイロ以外のコイルを1mHに変更して解決しました。
 なお、入力のコイルはDC運転時のPFM方式(SL-1)のサウンドシステムに対応するために入れているもので、DCCだけの運転であれば不要です。

| | Comments (0)

December 11, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(21)

 ようやく完成しました。
Hoiro0
 ホイロです。車体色はマッハ模型店の調色ラッカー、旧大阪急電(新快速の前身)モハ52系のぶどう色3号、室内は日光モデルの黄褐色、そして屋根はクレオスの軍艦色(グレー)です。
 屋根塗装の際に車体をマスキングした際に、マスキングテープの糊が車体に残って焦りましたが、オレンジオイル(リモネン)で試したら、ラッカーを痛めることなく除去することができました。使ったのはクレオスのプラ用流し込み接着剤です。
 デカールは例によってアルプスプリンタによる自作です。マークソフターを付けて押し付ける工程で塗面が少し荒れてしまい、オーバーコートでも完全には消せなかったのですが、妥協しました。まだまだデカールの扱いがへたですね。
 人形はプライザーの未塗装品にアクリル絵の具で着色したものに加え、DFSという秋葉原の人形専門店が出している着色済み30体約2,000円のものも使ってみました。安いのですが、塗り残しあったり艶が目立つのでかなり手を入れました。
 以下、ホハ、ホハユニ、ホイロです。
Hoha6741


Hohayuni


Hoiro
 重量はいずれも155gでした。目下似合う牽引機を物色中です。

| | Comments (0)

November 25, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(20)

 旅行に行ったり、会合が立て続いたり、家にいると天気が悪かったりで、塗装がなかなかはかどりません。床板、台車、車体内外が済んで、屋根を塗装中です。
 塗装の合間に行っていたインテリアが先に出来上がりました。
Seat2
 左から、ホハ2両、ホイロ、ホハユニです。3等のクロスシートは床板に固定し、1,2等のシートと各車両の間仕切は塗装後に車体に貼り付ける予定です。3等のクロスシートの手前3列は、室内灯回路との接触を避けるため、幅の狭いものをあとから追加で作ったので色が少し異なってしまいました。組み込んだら目立たなくなるでしょう。
 

| | Comments (0)

October 28, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(19)

 屋根の仕上げが完了しました。
Roof10
 これまでの作業中に欠けた下屋根の角はエポキシパテを盛って補修しました。上屋根の上に一回り大きいt0.5の白ボール紙を貼り付けて、縁取りを表現しています。

 デッキ部分の天井に縁取りと楔形の梁を付けて、内装を除いて生地完成となりました。
Body_assembling12

 屋根仕上げの合間の内職で3等用のクロスシート約50個の組み立てが終わりました。
Seat1


| | Comments (0)

October 17, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(18)

 残すは屋根まわりのみとなりました。木製屋根板は上屋根のカーブ付けが残っていました。屋根板を、油灯ランプカバー取付孔を利用して台に固定し、木工用平ヤスリで大雑把にカーブを付けます。
Roof8
 屋根のカーブに合わせて削った治具に耐水ペーパーを貼り付けた内丸やすりで仕上げます。

Roof9
 この後はサーフェーサー作業になるので、乾燥待ち時間を利用して座席を作ります。3等車の座席の背もたれが枠状になっているので、この部分をt0.5のプラ板から切り出し、ヒノキ角材の座部と張り合わせることとにし、パーツを準備しました。
Seat0
 ヒノキ角材はミニサーキュラーソーで切断し、ペーパーでササクレを除去しました。背もたれは、プリントした紙をプラ板に貼り付けてカッターで切り出し、やすりで仕上げています。

| | Comments (0)

October 10, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(17)

 デッキに手すりが付きました。
Handrail1
 手すりの枠はφ0.4洋白線を用い、ステップ側の凸部は形がそろうように次のような治具を使って曲げました。


Handrail2
 必要数より多めに曲げて、形の揃ったものをペアとしました。中央の桟は枠に巻き付ける部分を半丸より少し薄めにやすってあり、曲げやすい真鍮線を用いました。床部分のスリーブは外形0.8のパイプをデッキ板に植え込んだものです。

| | Comments (0)

October 01, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(16)

 トラス棒がつきました。
Truss_bar1


Truss_bar2
 トラス棒はφ0.5真鍮線、クイーンポストと斜めの補強は真鍮板からの切り出しです。ターンバックルは珊瑚模型店の古典ボギー車や日鉄豪華列車などのキットのものと同じロストパーツを利用しました。トラス棒がキットより細いので適当なパイプで調整してあります。

| | Comments (0)

September 21, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(15)

 室内灯の作り込みが完了しました。
Illuminationhoha
Illuminationhoiro
 上がホハ、下がホイロです。LEDは電球色・濃いめというのを使い、個数は実物の油灯ランプと同じにしました。ホハは4個、ホイロは7個、写真はありませんがホハユニは6個です。LED1個の明るさが同じになるように電流制限抵抗値を調整しました。

 室内灯点灯回路の構成です。
Illumassembly1
 写真奥の黒色プラの床上の基板がインダクタ、ダイオードブリッジ、電解コンデンサを搭載した床上回路ユニット、手前がLED、DC-DCコンバータ、電流制限抵抗、上下接続コネクタを載せた天井ユニットです。床上回路ユニットの真下の台車を、次の写真のように生基板とプラビスを用いてフカヒレイコライザと絶縁し、リード線と床板から絶縁したビスで床上回路ユニットに接続してあります。
Illumassembly4
 床上回路ユニットのもう一方の入力は車体アースで、回路ユニットを床板に留めるビス:次の写真のインダクタの左側のビスで接続されます。
Illumassembly2

 天井ユニットのコネクタ部分です。 
Illumassembly3

 右側の黒テープで絶縁した角線の先がコネクタとして床上の回路ユニットの基板に接触し、上下が接続されます。

 DC-DCコンバータの屋根裏へのおさまり具合です。
Illumassembly6_2


 室内灯が完了したので、屋根の仕上げ、デッキの手すり、トラスロッドなど、デテールの工作に入ります。手すりが手ごわそうです。

| | Comments (0)

September 13, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(14)

 デテール工作の前に室内灯の目途をつけておきます。
以前、LED室内灯の記事で、PFM(SL-1)サウンドのドラフト音に同期したLEDのチラツキ防止対策について報告しましたが、最近、Yさんからこの対策にぴったりのDC-DCコンバータモジュールを教えていただきました。(株)ストロベリー・リナックスが販売するLT1615昇降圧DC-DCコンバータモジュールです。入力電圧は1.2V~15Vの範囲で、出力電圧3.3Vまたは5Vで100mA程度流せるというものです。実験の結果、次のような回路構成で上記のドラフト音や集電不良によるチラツキをほぼ完全に防止できることが分かりましたので、今回採用することにしました。
Leddrive2
 部品です。
Parts1
 左上から、インダクタ、ダイオードブリッジ、電解コンデンサで下の基板に搭載して床の中央通路部分に置きます。次が定電流ダイオード、右がDC-DCコンバータで、次のように屋根裏に収めます。
Assembly1
 LEDは、チップタイプを天井に取り付けた帯状の基板に実装します。
Parts2
 床上の基板と天井の基板の間は角線を曲げたもので接続する予定です。

| | Comments (0)

September 09, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(13)

 涼しくなったのになかなかはどりません。車体内側に床板取付板を取り付けました。
Body_assembling11
 取付板のビス孔は床板側の取付孔をガイドに下孔を開け、M1.4のタップをたてました。

 さらに床板の前後にデッキ板、ステップ、端梁、バッファーなどを取り付け、客車らしくなってきました。
Body_assembling10
 車体が前後のデッキ板間にはまり込むようになるので、上下をビス留めして現物合わせで床板にデッキ板を取り付けます。この際、車体とデッキ板の間にt0.1程度の紙を挟んで塗膜の厚み程度の隙間が開くようにしました。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧