August 09, 2019

5200の先台車作り直し

 先月、Mさん宅で集まりがあり、5月の展示会で好調だった5200を持参して運転したところ、先輪が良く回らないことが判明しました。

 持ち帰って先台車を外して単独で転がすとかなり渋い。そもそもこの先台車は、シリンダーと第1輪の接触を防止するためカーブで前にせり出すようにしたり、擦れ合が滑らかになるように微小な鋼球を入れたり、ロンビックイコライザーを組み込んだりして複雑な構成となりました。車軸に左右一体の軸受がないので、車軸に掛かるフリクションが小さくなかったと思われます。

 そこでシンプルな構成の先台車に作り替えることにしました。現在製作中の5160と同様に、先台車はボギーとはせず、第2軸はフレームに固定し第1軸のみ首を振らせるようにします。

 完成した機関車に容易に追加できるように、第2軸の軸受、第1軸の首振りセンター、第1,2軸のイコライザー中央支点を2軸ユニットとして1枚板にまとめ、これをシリンダーブロック下で上下を留めるビスで取り付けるようにしました。

2軸ユニットを取り付けた状態

Sendaisha5

2軸ユニットの構成品

Sendaisha6

1軸先輪

Sendaisha9

1軸先輪の構成品

Sendaisha8

復元はφ0.3ベリリウム銅線の線ばねです。

 前先台車の反省から、第1,2軸ともに、φ4の丸棒からパイプを旋削し回り止め加工を行った、一体の軸受を付けました。軸受けやイコライザー支点やセンターピンの段付きワッシャの旋削は、新規導入したML-210で行いました。

 1軸先輪を取り付けた状態。

Sendaisha4

Sendaisha3

 試運転の結果は、オイルなしでも両輪とも軽く転がり、カーブでシリンダーとの接触もなく、良好でした。

 

| | Comments (2)

September 16, 2012

5200 完成

 ようやく塗装を完了し完成の運びとなりました。生地完成から2ヶ月もかかったのは、猛暑や転落事故のせいだけではありませんでした。昨年からいさみやのカラープライマーを使い始めたのですが、グレーがむら(細かい凹凸)になりやすく、数回やり直しました。たぶん濃度の問題だと思うのですが薄めすぎも良くないようでまだ最適解が分かっていません。猛暑が影響しているのかも知れず、今後の課題です。なお、黒は問題ありませんでした。
 赤と黒のツートーン仕上げとしました。赤は浮津さんの7650修復で使ったパープルルビーです。この赤が気に入って、当時から本機にも使おうと考えていたものでした。バッファーヘッドも同じ赤にしました。
Finished1


Finished3
 ボイラーバンド、煙突キャップ、シリンダー前後蓋、ナンバーなど磨き出し部分は「めっき工房」で金メッキしてあります。赤部分は半艶クリア、黒部分はつや消しクリアでオーバーコート。煙室部はさらにタミヤエナメルの艶消し黒を吹いてエコーモデルのウエザリングブラックを刷り込みました。下回りはタミヤエナメルのバフで軽くウエザリングしてあります。  

| | Comments (4)

August 24, 2012

事故処理

 転落事故による破損箇所の修復が終わりました。ほぼ1日仕事でした。
Recovery1_2
 縁取りはφ0.4真鍮線を半丸に加工して貼り付けましたが、半丸線は次のように加工しています。適当な金属板に孔あけして真鍮線の一端をこれに通して曲げ裏側を半田で固定します。これを平らな厚めの板に載せてヤスリで削ります。
Photo_2
 この方法の良いのは線がカールしないことです。線材が左右に振れるので、ベースの板は写真のものよりもっと幅が広いほうがやり易いです。

| | Comments (2)

転落事故

 形式5200は、順調であれば完成した姿をお見せできるはずだったのですが、不注意でお預けになってしまいました。
 塗装ブースの奥の換気扇のスイッチをオフにした後、塗装台においてあったテンダーに指が引っ掛かって落下させてしまったのです。フレアのコーナーが外れ、周辺の縁取りがはがれてしまいました。
Damage1
Damage2
 不幸中の幸いで修復不可能な凹み歪みはなどはありませんでした。

 塗装自体もゆず肌になったり、たれが出たりして何回かやり直して、ようやく満足できる仕上がりになったところだったのでショックは大きいです。塗装の失敗といい、今回の転落事故といい、何年も仕掛かり状態で放置していた報いでしょうか。フレア部分の出来ばえが余りよくなかったので「綺麗に直して!」と叫んだのかもしれません。
 気を取り直してこれから修復作業に入ります。


| | Comments (0)

July 15, 2012

5200総組み立て、生地完成

 DCでの試運転がOKだったので、砂撒き管を取り付け、ロコにはDCCデコーダDZ125を、テンダーにはサウンドデコーダMRC1665を搭載して配線を行い、全体の組み立てに入りました。この段階で先台車の排障器の形状の違いに気づいたので手直ししておきました。
Haishouki2_2
 上下組み立ての手順は次のとおりです。
 まず、ギヤボックスを付けたモーターをキャブ後方の開口部から煙室に入れます。
Kumitate1
 次にメインのウエイトを同じように火室部に挿入して火室上部にビス止めします。
Kumitate2
 バックプレートを火室にはめ込みます。
Kumitate3
 ついで、キャブ床板をキャブにビス止めします。
Kumitate4_2
 取り付け時に前方の砂撒き管がロッドと干渉するのでロッドをはずした状態で上下を合わせ、砂撒き管をはじめとするパイピングや配線のルート、ギヤの噛み合わせなどに気をつけながら押し込みます。ギヤボックスは押さえ板取り付け用のビス孔に長いビスをねじ込んでこれを手がかりに下方に引き寄せて押さえ板を取り付けます。上下の固定は前方が先台車中心ピンと兼用、後方はキャブ床板中央です。
 先台車、ブレーキ関係、サイドロッドを取り付けます。
Kumitate5
 最後に屋根板を取り付けて組み立て完了、生地完成です。
Kijikannsei4
Kijikannsei1
Kijikannsei2
Kijikannsei3
Kijikannsei5
 なお、テンダーにはφ28のスピーカを25ミリ幅に削って搭載しました。テンダーの内部写真は省略です。


| | Comments (0)

July 14, 2012

5200ウエイト

 本機はモーターを煙室側に入れているので、第1、第2動輪間にメインのウエイトを入れることが出来ます。キャブ後方の開口部から挿入する制約から幅は13ミリ程度ですが、下方はフレームの間まで入れることが出来ました。
Weight1
 これは下から見たものです。型を作って鋳込み、現物あわせで調整しました。モーターとの関係はこのようになります。
Weight4
 これで重心は第1動輪のやや前方でした。もう少し後方にしたいので、キャブの床と屋根裏にも積むことにしました。
Weight2
Weight3
 床のは鋳込んだままで角がだらしないので作り直す予定です。屋根裏はt1の鉛板です。
 これで重心はほぼ第1動輪上になりました。DCで仮配線して試運転をしたところ平坦線で金属性のボギー古典客車5両を牽引できたのでこれで良しとしました。なお、第1動輪にはゴムタイヤを使用しています。


| | Comments (0)

July 07, 2012

5200ボイラーの手すりなど

 ボイラーの手すり、煙室クリーニングホールを取り付け、煙突スカートにボルトを植え込みました。
Handrail
 ハンドレールノブは、珊瑚模型店の2.5ミリと2.2ミリを用いました。2.2ミリは太めだったので旋盤のコレットにくわえヤスリで細くしてあります。ハンドレールはφ0.4のステンレスばね線、先端の玉はハンドレールノブをコーンカップカッターで加工したものです。クリーニングホールはウイストジャパンのパーツ。煙突スカートのボルト孔はフライスの割り出し器を利用して開け、φ0.35の洋白線を植え込みました。煙突キャップは磨きだしやすいようにはめ込みにしてありますが、写真では少し浮いてしまったようです。

 テンダーの手すりとステップを取り付けました。
Tender_step
 ハンドレールノブはエコーモデルの0.9ミリ、手すりはやはりφ0.4のステンレスばね線です。以前作っておいたステップをフレームにセメダインスーパーX2で貼り付けました。
 以上で、後でつける砂撒き管を除いてロコ、テンダーともにデテーリングは終了です。ウエイトとテンダーのスピーカ搭載、配線を残すのみとなりました。

| | Comments (0)

June 29, 2012

5200キャブ手すりとステップ

 キャブ妻板の手すりとキャブ下のステップを取り付けました。
Cab_step1
Cab_step2
 ハンドレールノブは珊瑚模型店の1ミリ高のロスト製を用い、独特の形状の手すりはφ0.4の洋白線の片側をバイスでつぶして孔をあけ、写真とにらめっこで下方を丸め、ステップの支柱上部にはめ込んであります。
 2.5×2.5ミリのちりとりみたいな形状のステップはt1.0の真鍮板をφ0.6のエンドミルを用いてフライス加工して作り、支柱は強度が必要のため、φ0.4のばね用ステンレス線を用いました。
 すでに取り付けてあった砂撒き管は、ステップの支柱がぶら下がっている端梁の両端をR加工するのに邪魔だったのと、まだ頻繁に上下の組み立て/分解をするのに支障があるので前後とも外しました。洋白線では手が触れたりして変形しやすいので、ばね用ステンレス線で作り直しましたが、塗装の直前まで取り付けないことにしました。

 また、サンドドームの砂撒き管元栓の位置が高すぎたのと形状が気に入らなくなったので作り直しました。
Sand_dome3
 元栓は細密パイプを組み合わせて作りました。砂撒き管がφ0.4なので外径0.6、内径0.4のパイプにφ0.4のドリルロッドを通し、その外側に外径1.0、内径0.7のパイプをはめてバイスでつぶすと、断面が1.2×0.8程度の長円になります。ドーム側に前回紹介した治具とφ0.8のエンドミルを用いて上記寸法の長円の孔を開け、はめ込んで半田付けしました。

| | Comments (0)

June 25, 2012

5200パイピング(2)+

 パイピングの続きで、砂撒き管とほとんど隠れているブレーキ管のうち唯一キャブ下に出ている復水器を取り付け、さらに汽笛・安全弁と逆止弁前方のステップが付きました。
Sand_pipe
Whistle1

 汽笛・安全弁は真鍮丸棒から旋削し、汽笛の後方にφ0.4真鍮線から作った作用梃子を差し込みました。汽笛・安全弁は小円板に取り付けて、今は台座に乗せてあるだけで、塗装後に接着します。
Whistle2

 これで、残りはキャブ、ボイラー、テンダーの手すり、キャブ下のステップ、煙室のクリーニングホール程度となり、完成が見えてきました。


| | Comments (0)

June 23, 2012

5200パイピング(1)

 ブロワーパイプと給水系のパイピングを行いました。
Piping1
 ブロワーパイプはφ0.8のパイプで、煙室へ入るところはウイストジャパンの管継ぎ手を利用しました。このくらい太さの丸棒だときれいに曲げるのが難しいのでパイプを使ってみましたが、期待通りの結果だったのでお勧めです。
 給水パイプはφ0.7の真鍮線で、逆止弁はハンドルのないタイプなので丸棒から旋削しました。給水パイプの管押さえはエコーモデルのパーツに下駄をはかせたものです。継ぎ手のようなものは輪切りにしたパイプや細い線材を丸めたもので、細密感を盛り上げてくれます。

 この機関車はインジェクタがキャブ内に置かれているので省略してもいいのですが、所属クラブ特製のロストパーツを使ってキャブ内を作りこんでみました。
Piping2
 火室上部の蒸気管部分はエコーモデルの逆止弁(横ハンドル)を利用してそれらしくまとめました。

 キャブ後方から見るとなかなかいい感じです。
Piping3


| | Comments (2)