November 18, 2021

形式8550の修理

 前回更新から4か月も経ってしまいました。KKCのモーガル競作の7700が済んだので中断していた5160に復帰すべきところ、オリンピック、パラリンピック、テニスUSオープンなどの観戦にうつつを抜かしていました。

 この間に、春ごろに購入したカメラTG-6で深度合成機能を使って旧作機の写真を撮っていたところ、8550の異変に気が付きました。この画像です。

8550jpg

拡大すると

Roof_20211118153701

 屋根と天窓の接合部分が白くなっています。触ってみるとハンダが酸化したようで天窓が浮いた状態になっていました。製作は四半世紀前。当時のフラックス除去が甘かったのでしょう。幸い屋根はビス留めなので取り外して簡単に修理できました。

 今後ほかの部分、ほかの機種でも同様のことが発生するかもしれません。最近はフラックス抜きはきちんとやっていますが、いっそう丁寧にするように心がけたいと思います。

 

 

| | Comments (0)

November 21, 2014

8550のパワーアップ

 非力だった形式8550にウェイトを補重しました。
Weight1
 補重前の総重量335gが424g(エンジン325g、テンダー99g)になりました。テンダー重量をドローバーを介してエンジンにかけるようにしたので、軸重配分は、先輪26g、動軸320g、テンダー78gとなり、牽引力実測値は68gと、満足できる結果となりました。平坦路650Rで金属製ボギー客車8両を牽きました。
 補重したのは次のとおりです。
煙室サドル、フレーム、ギアボックス外周、モーター下
Weight2
ボイラー側面
Weight3
キャブ屋根
Weight4
火室脇
Weight5_2
 フレームや屋根など見えるものは黒く塗って固定しました。

| | Comments (0)