December 08, 2013

形式6760の改良

 レイアウトの線路状態確認のため、DCC化の済んだ6760を引っ張り出して運転してみました。以前Mさんのレイアウトでは快調だったのに、今回はテンダーの集電不良が多発しました。線路側にも多少原因があると思いますが、万全を期すため、テンダーにイコライザーを追加することにしました。
 検討の結果、第1軸と3軸にロンビックイコライザーを適用し、第2軸はスプリングで押さえる方式にしました。t3.0の板でロの字型のフレームをつくり、これに縦・横のイコライザーを止め、このフレームを 床板にビス止めします。この方法は、先の大震災の津波で水没被害にあったUsさんの機関車の修復プロジェクトで、形式5060の修復時にロンビックを追加したUyさんのアイデアを参考にしたものです。イコライザーシステムをユニット化することによって比較的簡単に追加することが出来ます。
Req1
 
Req3

Req2
 なお、テンダーフレームの軸孔はフライスで縦長に加工しました。
 
 これで集電は改善されましたが、牽引力不足が露呈しました。バランスをチェックしたら極端なトップヘビーだったので、動輪軸重不足と判断し、ボイラー前方のウエイトを削除したところ、牽引力の向上が見られました。本来はテンダーの重量をロコに掛けてバランスを取るべきところですが、死重を削除してバランスを取るだけでも有効なようです。

| | Comments (0)