« 7700(31)キャブ窓の縁取り | Main | 7700(33)バッファー »

July 31, 2020

7700(32)サイドタンクの左右連結管

 キャブ下の連結管を付け、ダミーイコライザーのピン(Φ1.0真鍮線)を植え込みました。

Rennketukan1

連結管はΦ1.5真鍮線を曲げたものです。ヤットコなどで押さえて曲げると傷だらけになってしまうので、次のような治具を用いました。それでも左右を揃えるのにヤットコを使って結構手間取り、多少キズがついてしまいました。

Rennketukan2

取り付けは、あらかじめフレームの該当部分につけてあったΦ1.5のリングをとおして内径1.5のパイプで左右をつなぎました。床板側は孔にはめ込みです。

Rennketukan3

動輪との干渉はありませんが、サイドロッドとわずかに干渉するようなので内側を少し削らねばなりません。

|

« 7700(31)キャブ窓の縁取り | Main | 7700(33)バッファー »

Comments

力のかかる部分ではなさそうなので、鈍して曲げるとヤットコも要らないくらい楽に加工できると思いますが...

Posted by: railtruck | July 31, 2020 05:07 PM

片方を曲げたときに結構厳しかったので、もう一方はなませて曲げました。それでも厳しかったです。なましが足りなかったのかもしれません。

Posted by: Yuki | August 01, 2020 11:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7700(31)キャブ窓の縁取り | Main | 7700(33)バッファー »