« April 2020 | Main | June 2020 »

May 11, 2020

7700(23)上廻りと下廻りをビス留め、ドローバー&テンダーステップ

 キャブ床板を切り出し、ボイラーとともにセンターや平行に注意して位置決めを行って下廻り(ランニングボード)にビス留めしました。

Cab3_20200511121601

キャブ内にちらっと見える第3動輪のスプラッシャーも取り付けました。

 サイドタンクが前方までランニングボードにうまく密着し、ランニングボードとの平行も出たので前方をランニングボードにビス留めしなくて済みました。また、火室とキャブの位置関係が決まったので、火室の最後部のバンドをハンダ付けしました。

Cab4_20200511121601

上下留めビスは、キャブ後部左右と煙室部分の3本で、煙室、ボイラー、火室、キャブは、今のところ差し込んであるだけです。今後塗り分けや組み立てやすさなどを考慮して固定するか決めようと思います。

ドローバーは今回は1回路としました。DCCデコーダーをエンジン側に積み、サウンド出力はマイクロコネクタでテンダーに接続するので2回路の必要がないためです。ただし、後日集電不良に悩むようなことこになったら容易に2回路化できるような構成にしました。

Draw-bar

例によってドローバーピンは、そのシルエットをブレーキシリンダーに見せるようにφ6.7と太くしました。

 テンダーのステップは珊瑚模型店の5500用を、高さを調整して流用しました。

Tender-frame5

| | Comments (0)

May 04, 2020

7700(22)テンダー1

 テンダーの下廻りができました。

Tender-frame4

Tender-frame3

 テンダーは珊瑚模型店の5500キットのテンダーをそのまま流用する予定でしたが、車体幅がオーバースケールなので、フレームや車体側板、ステップなどを利用して自作することにしました。現在製作中断中の形式5160と同様に、内側台枠を設けて3点支持のイコライザーとボールベアリングを組み込んであります。

 床板と端梁のパーツです。

Tender-frame1

t1.0の補強板、t0.2の上板、t0.8の縁取りの3枚貼り合わせ、角パイプから切り出したアングルで端梁を補強しました。

 フレームは裏面を薄く加工しました。

Tender-frame2

フライス導入前は荒目のヤスリ上で指の痛さを我慢して往復させ、時間を掛けて作業しましたが、フレーム上下の平行を出せばバイスでしっかり把持できるのでエンドミルであっという間に完了しました。床板への取り付け用のアングルは角パイプから切り出したものです。

 

| | Comments (0)

« April 2020 | Main | June 2020 »