« 形式160(9) | Main | 5160(21)エンジン後部端梁 »

April 16, 2019

5160(20)缶膨張受け

 久しぶりの5160です。

この機関車の最大の特徴の一つであり、作るうえで最難関の一つでもある缶膨張受けが付きました。

Kanboushouuke4 Kanboushouuke5

厚板を次のようにフライスで加工し、ベースとしました。

Kanboushouuke1

外形を整え、中央の楕円状の孔をあけますが、これは小・大・小の孔をあけ、糸鋸で孔をつなぎ、このために調達したベローバの燕尾型のヤスリで仕上げました。次にボルト類を植え込みます。リブはt0.3の真鍮板を6枚重ねて整形し、最後にスリットにはめ込んで固定しました。

Kanboushouuke2

 

|

« 形式160(9) | Main | 5160(21)エンジン後部端梁 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 形式160(9) | Main | 5160(21)エンジン後部端梁 »