« 形式160(5) | Main | 切断機 »

March 27, 2019

形式160(6)

 屋根が付き、機関車の形になりました。

Uwamawari6

 屋根は3枚重ねです。まず下2枚を貼り合わせてキャブ側板間にすっぽりはまるように仕上げます。次に上板を貼りますが、キットには屋根3枚セットの他にもう1枚上板が入っていました。一見同じに見えたのでカーブのきついほうを使いましたが、汽笛取付孔がずれていました。残したほうを使うべきだったのです。やり直すのは面倒なので、ずれた孔はハンダで埋めて正しい位置にあけなおしました。これから組む方は注意してください。

 屋根の固定は、キットのオリジナルは板バネにより前後妻板間で突っ張るというものでしたが、妻板上部に隙間ができたり突っ張りが弱くて心もとなかったりしたので、ビス留めに変更しました。

Roof

 煙突キャップ、ドーム、安全弁、汽笛を磨いて載せてみました。

Uwamawari5 Uwamawari7

 ドームはロスト型の継ぎ目が目立ったのでヤスリでなめてペーパーヤスリで仕上げた後、金属磨きで研磨しました。

 残りは、後回しにしたブレーキ廻りと、キットにはないキャブ入口の手すりです。

 

|

« 形式160(5) | Main | 切断機 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 形式160(5) | Main | 切断機 »