« 形式160(4) | Main | 形式160(6) »

March 22, 2019

形式160(5)

 キャブの前後妻板、炭庫前後板、キャブステップを取り付け、ボイラーもドッキングしました。
Uwamawari1
 と書けば簡単ですが、キャブの左右側板の前後方向の寸法が0.3mmほどずれていました。それをカバーするための調整が必要で3,4回組み立てをやり直してようやく形になりました。それでも完全にはカバーできず、サイドタンクの長さが左右で違ったり、キャブ前後妻板の引っ込み幅がまちまちになったりして妥協が必要でした。
 キャブステップは、炭庫前板下側に接するだけの高さが不足していたので、角パイプから作ったものに変えました。
 さらに後部妻板の高さが0.7mmほど足りなかったので、t0.7真鍮板を屋根のカーブに合わせて曲げたのち1ミリ以下の幅でスライスしたものを貼り付けて修正しました。
Uwamawari2
Uwamawari3
 キャブインテリアは問題なく組めましたが、スロットルレバーが長すぎるようです。
Interior

 

|

« 形式160(4) | Main | 形式160(6) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 形式160(4) | Main | 形式160(6) »