« 5160(18)フロントデッキ | Main | 形式5000 サウンドデコーダーの置き換え »

December 23, 2018

5160(19)先輪のスプラッシャー

 思案の結果、めどがついたので先輪のスプラッシャーを付けました。
Splasher4 第1輪はカーブでショートの恐れがありますが、600R以上であれば大丈夫であることを確認済みです。第2輪のスライドバーやクロスヘッドとの干渉を避けるためにスプラッシャーの左右幅を先輪タイヤの左右幅とほぼ同じ19.2mmとしました。ショートなど不具合があった場合に、外せるようにフレームにビス留するようにしました。

 

 パーツです。
Splasher1  右が第1輪、左が第2輪用です。それぞれ上から、左右一体で曲げたt0.2洋白板、端面の厚みを出すためのt0.3×1mm帯板、そして取付金具です。第1輪用の取付金具はフライスを用いて切削しました。

 

 まず両側に帯板を張り付け、端面が面一になるようにヤスリで仕上げます。
Splasher2

 

 次に左右に分け、第1輪用は排障器やイコライザーと干渉する部分を欠き取って整形して、取付金具にハンダ付けします。
Splasher3

 

 第1輪は次のようにカプラーと共締めします。
Splasher5

 

 第2輪はシリンダー後方のフレームにビス留めです。
Splasher6

 

 

 

|

« 5160(18)フロントデッキ | Main | 形式5000 サウンドデコーダーの置き換え »

Comments

美しい仕上がりもさることながら、アイデアが素晴らしいといつも感服しています。
スプラッシャーの記事ですが私は少し見えるイコライザーが気になってしょうがありません(笑
過去記事では0.8mmリンドウ線だったと思います。
イコライザーにバネ機能を含ませる効果は承知しているつもりですが、バネ強さの設定は難しいと思います。
やはり何度か試作して線材の太さを決められるのでしょうか。
この構造はぜひ真似させていただきたいと思っています。

Posted by: 初瀬春日 | December 27, 2018 08:44 AM

コメントありがとうございます。
イコライザーの試作はしていません。φ1.0のリン青銅線を使った前作の7450ではほとんどスプリング効果が得られなかったので、今回はφ0.8(断面積比で0.64)にしてみました。完成してみないとわかりませんが、今のところ適度な剛性ではないかと考えています。

Posted by: Yuki | December 28, 2018 12:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5160(18)フロントデッキ | Main | 形式5000 サウンドデコーダーの置き換え »