« October 2018 | Main | December 2018 »

November 25, 2018

5160(17)バルブロッド可動

 左右独立したバルブロッドの可動機構を組み込みました。
Valve_rod2  そのパーツです。
Valve_rod1  ?型の金具が第1動輪の偏芯カムから前後動をロッカーアームに伝えるリンクです。偏芯カムはφ5、動軸上で内側に隣接するギヤボックスのスリーブがφ4なので?型の開口部は4mmにしてあります。ギヤボックスのスリーブ部分ではめ込み、偏芯カム部分に平行移動し、ギヤボックスを取り付ければ?リンクは外れません。

 

 このリンクとロッカーアームはその支点でM1.0 ビスで結ばれてバルブロッドに前後動が伝えられます。このままではビスの頭が目立つのでいずれイモネジに置き換える予定です。

| | Comments (0)

November 13, 2018

5160(16)テンダー縁取りとステップ

 テンダー床板の縁取りとステップが付きました。
Step2

 

Step4 ステップ内部のハンダキサゲが不十分でした。

 

 縁取りは、端梁やフレームと同様、快削角棒をフライス加工でアングル状にしたものにボルトを植え込みました。

 

 ステップの主要パーツです。
Step1  上が外枠で、t2.0真鍮板を外注のワイヤーカットで抜いてもらいました。ワイヤーカットは一筆書きなので上部に0.5mm幅のスリットを入れ、組立て時に適当な真鍮板で埋めました。下は裏板で、CAD図面を貼り付けて糸鋸とヤスリで仕上げました。これらをハンダ付けで組み、スリット部分は後で緩まないようにピンでかしめてあります。この後、外枠の上部を薄く削り、写真とにらめっこで外枠に欠き取りを入れ、中間のステップをハンダ付けしました。
 これを床板の縁取りにハンダ付けし、補強を兼ねて4本のボルトを植え込み、縁取りごと床板にハンダ付けしました。

 

 テンダー下回りの難関が片付きました。次はエンジンに戻って、バルブロッドの可動機構に取り組みます。

 

 

| | Comments (0)

« October 2018 | Main | December 2018 »