« 5160(14)テンダーフレーム3 | Main | 5160(16)テンダー縁取りとステップ »

October 25, 2018

5160(15)テンダーフレーム4

 テンダーのフレームに軸箱蓋、3輪の軸箱守を結ぶアングル、床板への取付金具を付けてダミーフレームが完成しました。
Tender_frame11_2

Tender_frame12_2

 軸箱蓋はt0.2洋白板を重ねてハンダで固定し、フライスで整形したものです。実機は蓋の中央部に縦長楕円状のふくらみがありますが、全軸をきれいに揃える加工法を思いつかなかったので省略しました。下部のアングルは1.5×1.0真鍮角棒を用い、裏側は見えないので両端数ミリだけフライスでアングル状に加工しました。軸箱守の両脇のアングルについている小片は、2mm角パイプからL型に切削したもので、取付時は軸箱守に密着させて上側と裏側から押さえれば位置が簡単に出ます。

 裏側です。
Tender_frame13_2

 裏側には上記小片や軸箱リブの出っ張りがあります。すべてのハンダ付けが終わった時点でこれらの出っ張りをヤスリ取るつもりでしたが、この程度であれば車輪と接触しないので残すことにしました。両端の小片のみアングルに合わせて一部切断しました。

 なお、軸箱守と上部チャンネルを留めるボルトナット、軸箱守と下のアングルを留めるボルトナットも全軸歪みなく仕上げるのは困難なため省略しました。

 次はテンダー床板の縁取りとそれに取り付けられた独特の形状のステップでしょうか。


|

« 5160(14)テンダーフレーム3 | Main | 5160(16)テンダー縁取りとステップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5160(14)テンダーフレーム3 | Main | 5160(16)テンダー縁取りとステップ »