« 5160(8)クロスヘッド | Main | 5160(10)テンダーのイコライジング »

September 06, 2018

5160(9)テンダー床板・端梁

 エンジン側の下廻り基本部分ができたので、テンダーの下廻りに移りました。猛暑日が続いたのと、甲子園の高校野球と現在はテニスの全米オープンの観戦などで製作が滞りがちです。
Tender_yukaita1

Tender_endbeam
 床板は前作7450と同様、t0.2の洋白板」の上部に補強としてt1.0真鍮板を貼り合わせたものです。前方(写真右側)にはドローバー回路取付孔や配線用のコネクタ取付孔などをあけてあります。後部はカプラー台です。
 チャンネル状の端梁は角棒からフライス加工で削り出したものです。縁にテーパーがついているので、5°のテーパーエンドミルを調達して切削しました。端梁のボルトはφ0.3の線材の植え込みです。端梁の裏側には、補強兼直角出しのために、角パイプから切り出したアングルを取り付けてあります。

|

« 5160(8)クロスヘッド | Main | 5160(10)テンダーのイコライジング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5160(8)クロスヘッド | Main | 5160(10)テンダーのイコライジング »