« April 2018 | Main | July 2018 »

May 28, 2018

5160(6)ロッド

 ようやくサイドロッドとメインロッドが出来上がりました。Rod1
 どちらもフルート(溝)は平行なので、フライス盤を使って刃厚0.8mmのキーシートカッターで溝彫りしました。外形もフライス盤でエンドミルを使って整形しましたが、サイドロッドは中央部分が膨らむように太くなっているので最後にヤスリで仕上げました。メインロッドはスモールエンド側が細いのでこれもヤスリ仕上げです。油壺(φ0.7)やボルト類(φ0.5)は孔をあけて洋白線を植え込みました。

 サイドロッドを付けて転がり確認を行った後、ギヤボックス、モーターを装着して低速で回転にむらがないかも確認しました。以前、ロッドピンが垂直でなかったのに転がり確認では気が付かず、モーターで駆動したら低速の回転むらで見つかった、ということがあったので丁寧に確認しています。

 ロッドピンは、KKC特製のすり割りのないロッドピンにM1.0 のタップでねじを切り、ロックタイトで六角ボルト(アドラーズネスト製)を固定しました。
Rod3
 六角ヘッドは後ほどニッケルメッキを行います。

| | Comments (0)

May 01, 2018

5160(5)動輪押さえ板、モーター

 動輪押さえ板にレーザーカットを外注したダミーのイコライザ+担いバネのシルエットを取り付けました。
Osaeita1
 ギヤボックスは珊瑚模型店のA8用を用います。その回転止めも珊瑚方式としてt0.2のリン青銅板で作りました。
Osaeita2
 T型の金具が回転止めです。
 モーターは所属クラブで頒布された10mm角・20mm長のものです。t1.2真鍮板で取付アダプタを作ってモーター側面が火室側面と平行になるように取り付けました。
Osaeita3
 モータが小型なので火室幅をスケール通りにできるとともに、モーター下のフレーム内、モーター上の火室上部にかなりの容積のウェイトスペースが確保できます。

| | Comments (0)

« April 2018 | Main | July 2018 »