« フライスX-1 のベルトドライブ化(その2) | Main | 5160(4)イコライザ »

April 19, 2018

5160(3)フレーム

 エンジン側のフレームと先台車ができたので動輪、先輪をはかせてみました。
横から
Frame4
前から
Frame5
裏側から
Frame6
まだイコライザーが未装着なのでフレーム全体が0.数ミリ下がっています。

 フレームのパーツです。
Frame1
フレーム左右とイコライザ+担いバネのシルエットは外注でレーザーカットしてもらいました。ボルト表現で線材を植え込む孔もきれいにあいています。

 ヒノキ角棒で作った簡単な治具を使って組立てました。
Frame2

 組み上がったフレームと先台車です。
Frame3
動輪押さえ板はt2.0の真鍮板をフライスで加工し、第1動輪の偏芯カム部の欠き取りは現物合わせで行いました。シリンダーやクロスヘッドとの干渉対策のため、先台車はボギーとはせず、第2軸はフレームに固定し第1軸のみ首を振らせるようにしました。イコライジングは第1第2動輪間の左右で2点、先輪第1、第2の中央で1点の3点支持にします。

|

« フライスX-1 のベルトドライブ化(その2) | Main | 5160(4)イコライザ »

Comments

4-4-0の2-6-0として模型化するのは、先台車後輪の左右胴を制限できるので有用な方法だと思います。実物と機構が異なると嫌がられる方もおられますが、シリンダー間隔を詰めることができるので、16番蒸機では格好良くなるので私も最近は常用しています。

Posted by: ゆうえん・こうじ | April 20, 2018 12:38 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フライスX-1 のベルトドライブ化(その2) | Main | 5160(4)イコライザ »