« 5160(1)基本設計 | Main | フライスX-1 のベルトドライブ化(その2) »

April 11, 2018

5160(2)動輪

 動輪ができました。
Driving_wheel2

 もとになったのは所属クラブのTさんから頂いたφ17.0のステンレスタイヤの動輪です。
Driving_wheel1
 ステンレスは摩擦係数が低いので動輪に使うと牽引力の点で不利なのはわかっているのですが、スポークの本数が13本と実機の12本に最も近く、すっきりした感じが気に入りました。
 バランスウェイトは真鍮板を旋盤で円形にし、次のようにフライス盤で加工したもので、元のバランスウェイトにスーパーXで貼り付けました。
Balance_weight1

Balance_weight2
 軸箱も小さな丸形を自作しました。パイプを加工した回り止めを付け、黒ニッケルメッキをしてあります。バルブロッド可動用の偏芯カムはφ5丸棒から切削しました。
 第1動輪は、この偏芯カムとA8用ギヤボックスの軸箱も付くので、動軸がみえない状態となりました。
Driving_wheel3

|

« 5160(1)基本設計 | Main | フライスX-1 のベルトドライブ化(その2) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5160(1)基本設計 | Main | フライスX-1 のベルトドライブ化(その2) »