« December 2017 | Main | April 2018 »

January 31, 2018

フライスX-1 のベルトドライブ化

 所属クラブのDさんのご厚意により、X-1ベルトドライブキットを入手することができ、改造が完了しました。
 オリジナルのギアドライブをボックスごと廃棄して、キットを組み込んだ状態です。
X1_belt_drive1_2
 組立てのポイントはプーリーの高さで、主軸の大プーリーは前面ガードのブロックとのクリアランスを確保し、ベルトが水平になるようにモーターの小プーリーの高さを調整することでした。

 ギアボックスには制御回路も収納されていたので、新たに制御回路の収納ケースが必要となります。市販品から適当なものを探して、操作パネル取り付け孔、ケーブル受け口、通気孔などの加工を行いました。
X1_belt_drive3_2
 制御回路ケースを載せる棚として、厚さ5mmのジュラルミン板を取り付けました。
X1_belt_drive2_2
 制御回路ブロックをケースに収め、電源、モーターの配線を行って、ケースを棚に固定して改造完了です。
X1_belt_drive4_3
 デジタルノギスを流用したZ軸DROは、ギアボックスの右側に取り付けていましたが、今回ボックスがなくなったので、前面ガードに付け替えました。
X1_belt_drive5_3
 今回の改造により、何よりも音が静かになったのが一番のメリットです。さらに、操作パネルとZ軸DROが前面になって操作性が向上したのも良かったです。

| | Comments (4)

January 20, 2018

7450(58)ようやく完成!

 塗装、組み立て、多少の調整、タッチアップが済んでようやく完成しました。塗装は、苦手なうえに、今回は前作から2年も経っていたので要領を得るのに手間取ったり、キャブの手すり受けの破損や組立ての際の不注意などもあって、部分によっては4,5回やり直すなど時間ばかりかかってしまいました。
Finish0
 緑はマッハ模型の調色ラッカー:トワイライトエクスプレス用を用い、半艶のオーバーコートをしました。黒部分は艶消しのオーバーコート、煙室部はさらにエナメル艶消しを吹いて、ウエザリングブラックをすり込みました。下回りはエナメルのバフで軽くウエザリングしています。磨き出し部分は、ナンバーも含めていつものように金メッキをしてあります。 
 前照灯はチップLEDを用いましたが、油灯の暗さを表現するために定電流ダイオードで電流を1mAに制限しました。


Finish1


Finish2


Finish3


Finish4

 最終的な調整の結果、集電不良の原因になるので、機炭間渡り板によってテンダー重量をエンジンに掛けるのはやめました。トレーラーを牽引するとテンダーが浮いて集電不良になるので、テンダーにウェイトを積み増しました。(デコーダーをエンジン側に搭載したのでテンダーにスペースができました。)重量はエンジン242g、テンダー115gとなりました。平坦線で金属製の客車4,5両を余裕で牽くので良しとします。

| | Comments (5)

« December 2017 | Main | April 2018 »