« September 2017 | Main | November 2017 »

October 30, 2017

7450(52)ブレーキ関係2、ハンドレール2

 テンダーにブレーキが付きました。
Brake4
 ブレーキシューはエンジンと同様に4枚貼り合わせて外形を整形後シュー部分が残るようにヤスリで仕上げたもので、ハンガー、引き棒、取付板などを次のように組立て、4本のビスで床板に取り付けるようにしました。なお、前方に付くべきてこやリンクはフレームやステップで隠れるので省略しました。

Brake5

Brake6

 サイドタンクの肩のハンドレールとその延長上のキャブ手すりが付きました。

Handrail3
 いずれもφ0.4洋白線です。

 以上で生地完成と思ったのですが、チェックしたらテンダーのブレーキハンドルと煙突スソのボルトが残っていました。
 なお、先週末の所属クラブの集まりでは、ほぼ生地完成ということで披露することができました。

| | Comments (0)

October 20, 2017

7450(51)ブレーキ関係1

 エンジン側にブレーキ機構が付きました。
Brake2_2

Brake1_2
 ブレーキシューはt1.0真鍮板を6枚重ねて外形を仕上げた後ばらしてシュー部分が残るようにヤスリで整形。ハンガーもt0.5洋白板を6枚重ねて外形仕上げ。ブレーキ梁はt0.5洋白板を整形し、両端にφ0.5真鍮線を植え込んだもの。引き棒はリンク部分にエコーモデルのエッチング抜きパーツを利用。後方のテコ類はt0.5真鍮板を整形。テコ受けは角パイプをアングル状にして動輪押さえ板に取付け、ブレーキ梁もスペーサを介して押さえ板に固定しました。
 ブレーキシリンダーの位置がドローバー固定ねじのところになるので、ねじの頭をシリンダーに見せるような寸法にして中心に孔を開け、引き棒を差し込むようにしました。
 ハンドブレーキのアジャスターはt0.8真鍮板を角材状にしてφ0.4のエンドミルでスリットを入れたものです。アジャスターは床板に取り付け、押さえ板側のテコのピンをスリットに差し込みます。

Brake3_2
 これでエンジン側はキャブの手すりとサイドタンクのハンドレールの取付を残すのみとなりましたが、テンダー側はブレーキ関係が残っています。今月末の所属クラブの集まりには生地完成で持っていこうと思っていましたが、ちょっと難しいかな・・・・。

| | Comments (0)

« September 2017 | Main | November 2017 »