« 7450(41)逆転棒 | Main | 7450(43)ハンドレール »

August 03, 2017

7450(42)屋根3

 屋根をキャブにビス留めするようにしました。英国型のキャブは開放的なので固定してもいいのですが、工作が簡単で塗り分けに便利なのでこのようにしました。
Roof9
 キャブ側のアングルは8mm角パイプを利用しました。一部キズがついてしまいましたが見えないとこなのでOKとしました。屋根側はt1.5真鍮板を加工したものです。

 汽笛の真下に蒸気分配器と思われるものがついています。丸棒を旋削したパーツとパイプを組み合わせてそれらしく作りました。
Roof10
汽笛側は取付用のM1ねじ部分にφ0.3の孔を開けてφ0.25の洋白線を差し込んであります。
Roof11
この孔開けは、汽笛がぴったり入る簡易コレットを作って旋盤で行ったものです。


|

« 7450(41)逆転棒 | Main | 7450(43)ハンドレール »

Comments

自分は横着なので、塗り分けの時に分解したい部分は、分解できるようにしておいて、塗装後接着剤貼りです。未塗装の間は薄手の両面テープで貼っています。

Posted by: ゆうえん・こうじ | August 05, 2017 12:19 AM

そうですね。昔に比べ接着剤が格段に進歩していますからね。でも工作が難しくなければビス留めにしてしまいます。

Posted by: Yuki | August 05, 2017 08:50 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7450(41)逆転棒 | Main | 7450(43)ハンドレール »