« April 2016 | Main | June 2016 »

May 30, 2016

7450(12)本体床板1

 機関車本体の床板ができました。t0.2洋白板のハンダ付けの熱による歪みに悩まされましたが、ようやく満足いくものができました。
Yuka3


Yuka4
 イコライザの組み込みを考慮して、床板とフレームは固定せずにビス留めにしてあります。

 床板の部品です。
Yuka2
 写真上がt0.2洋白板の床板上面、下側がt0.8真鍮板の補強板と縁取り、下側の左右は端梁とその取り付け補強のためのアングル(前部は縁取りで十分な強度が確保されるので不要でした)です。床板上面は、当初は貼り合わせ前に動輪やギヤボックスの逃げ孔を抜いていましたが歪みが出たので貼り合わせ後に抜くようにしました。補強板は左右分離でt0.5だったのを左右一体でt0.8に変えて強度を高めました。これで何とか上面板の歪を抑えることができました。それでも貼り合わせると反りが出ます。これは曲げロールも動員して修正しました。

| | Comments (3)

May 08, 2016

7450(11)テンダー下回り3

 ロンビックイコライザーを組み込みました。
Tender_equalizer8

 前後方向=横のイコライザーです。
Tender_equalizer2
イコライザーはt0.8真鍮板で、段付きワッシャでイコライザー受けに取り付け、イコライザー受けは床板にビス留めします。

 機関車本体にはベアリングは使わなかった(大きさの点で使えなかった)のですが、テンダー車輪の車軸がφ2なので比較的コンパクトなベアリングを使うことができます。そこで、テンダーによる牽引力のロスを最小にするためベアリングを組み込むことにしました。
 車軸方向=縦のイコライザーのパーツです。
Tender_equalizer3
左右のベアリングボックスをパイプで繋いだ軸受けを作り、その中央を床板にビス留めしたステーに段付きビスで留め、イコライザーの支点としました。
Tender_equalizer4

 縦、横両方を組み込んだ状態です。
Tender_equalizer5

Tender_equalizer6
 設計段階では、車軸両端を切り落としてフレームはダミーにするつもりでしたが、縦のイコライザーの支点のみで支えるのは強度的に不安なので、次のようにフレームの軸孔を縦長に加工し車軸両端をフレームで支えるようにしました。
Tender_equalizer7


| | Comments (0)

May 05, 2016

7450(10)テンダー下回り2

 テンダー下回りを組立てました。
Tender_shitamawari4
 床板の前後にアングルを貼り付け、それをガイドに端梁を取り付けました。

Tender_shitamawari3_2
 後部端梁にはφ0.4真鍮線を植え込んでボルト表現しました。

Tender_shitamawari2_2
 フレームは、φ0.4真鍮線を植え込み、ロストの軸受を貼り付け、床板にはビス留めです。
 このあと、ロンビックイコライザーを組み込みます。

| | Comments (0)

« April 2016 | Main | June 2016 »