« 7450(10)テンダー下回り2 | Main | 7450(12)本体床板1 »

May 08, 2016

7450(11)テンダー下回り3

 ロンビックイコライザーを組み込みました。
Tender_equalizer8

 前後方向=横のイコライザーです。
Tender_equalizer2
イコライザーはt0.8真鍮板で、段付きワッシャでイコライザー受けに取り付け、イコライザー受けは床板にビス留めします。

 機関車本体にはベアリングは使わなかった(大きさの点で使えなかった)のですが、テンダー車輪の車軸がφ2なので比較的コンパクトなベアリングを使うことができます。そこで、テンダーによる牽引力のロスを最小にするためベアリングを組み込むことにしました。
 車軸方向=縦のイコライザーのパーツです。
Tender_equalizer3
左右のベアリングボックスをパイプで繋いだ軸受けを作り、その中央を床板にビス留めしたステーに段付きビスで留め、イコライザーの支点としました。
Tender_equalizer4

 縦、横両方を組み込んだ状態です。
Tender_equalizer5

Tender_equalizer6
 設計段階では、車軸両端を切り落としてフレームはダミーにするつもりでしたが、縦のイコライザーの支点のみで支えるのは強度的に不安なので、次のようにフレームの軸孔を縦長に加工し車軸両端をフレームで支えるようにしました。
Tender_equalizer7


|

« 7450(10)テンダー下回り2 | Main | 7450(12)本体床板1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7450(10)テンダー下回り2 | Main | 7450(12)本体床板1 »