« 7450(6)先輪 | Main | 7450(8)サイドロッド »

March 06, 2016

7450(7)イコライザ

 イコライザが付きました。
Equalizer1
 第2、第3動輪の左右で2点、先輪と第1動輪の中央で1点の3点支持です。前方の1点は、動輪への荷重が大きくなるように第1動輪側に寄せてあります(シリンダー後蓋あたり)。
 イコライザ自体にスプリング効果を期待してφ1の隣青銅線を用いました。次の写真(上の写真と前後の向きが逆になってしまいました)のようにフライスで加工した金具の溝に隣青銅線をはめ込むんでハンダで固定しています。
Equalizer3
 なお、φ1の隣青銅線を曲げずに済むように動輪の軸箱を角型から丸形に変更しましたが、位相合せ治具のおかげでサクサクとできました。

 左側のL字の先が、次の写真のように先輪軸受けに当たります。先端はコーンカップカッターで半球状に加工しました。
Equalizer2


|

« 7450(6)先輪 | Main | 7450(8)サイドロッド »

Comments

最終的にウェイト積んでみないとわかりませんが、スプリング効果を期待するならイコライザーφ1の隣青銅線では硬くないですか?
それから軸箱丸型に変えられたそうですが、回り止めは何かつけられるのでしょうか?
丸型軸箱でイコライザー可動にすると、注油とかに気を付けないと車輪と一緒に回ってしまうことも結構あるように思います。

Posted by: ゆうえん・こうじ | March 07, 2016 09:37 AM

 今回のスプリング効果というのは、機関車の重量ではほとんどたわまないけど、ジョイントやフラグで重ね板バネのような効果を発揮してくれるのではないかとの期待です。ウエイトを積んでみて硬すぎるようなら一部削るなどして調整するつもりです。
 回り止めは付けていませんが、無注油での転がしで問題ないので大丈夫だと思っています。

Posted by: Yuki | March 07, 2016 11:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 7450(6)先輪 | Main | 7450(8)サイドロッド »