« 旧阪鶴鉄道の客車(21) | Main | 7450(1)形式図 »

December 16, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(22)

 完成した旧阪鶴鉄道の客車ですが、DC運転では全く問題無いのに、DCCで運転するとホイロ以外の室内灯が非常に暗く、点いているかどうか分からない状態でした。
 回路を再掲します。
Leddrive2
 テスターで当たってみると、DC-DCコンバータの入力が、本来は約15V程度のはずが1V程度しかありません。入力のコイル(L1)をショートしたり、瞬断対策のコンデンサ(C1)を外すと14Vになります。間にダイオードブリッジが入っていますが、レール側から見るとLC(R)の直列回路になるので、共振状態になっているのではないかと考えました。
 コンデンサは470μF、コイルはありあわせのものを使ったので、ホイロは1mH、ほかの3両は2.2mHでした。共振周波数を計算するとホイロは232Hz、ほかの3両は156Hzです。DCCの線路電流の周波数は、機芸出版の「DCCマニュアル2009」によると150~200Hzとなっています。使っているKATOのDCCシステムの周波数は不明ですが、以上から、共振状態になっていると判断し、ホイロ以外のコイルを1mHに変更して解決しました。
 なお、入力のコイルはDC運転時のPFM方式(SL-1)のサウンドシステムに対応するために入れているもので、DCCだけの運転であれば不要です。

|

« 旧阪鶴鉄道の客車(21) | Main | 7450(1)形式図 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧阪鶴鉄道の客車(21) | Main | 7450(1)形式図 »