« 旧阪鶴鉄道の客車(14) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(16) »

September 21, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(15)

 室内灯の作り込みが完了しました。
Illuminationhoha
Illuminationhoiro
 上がホハ、下がホイロです。LEDは電球色・濃いめというのを使い、個数は実物の油灯ランプと同じにしました。ホハは4個、ホイロは7個、写真はありませんがホハユニは6個です。LED1個の明るさが同じになるように電流制限抵抗値を調整しました。

 室内灯点灯回路の構成です。
Illumassembly1
 写真奥の黒色プラの床上の基板がインダクタ、ダイオードブリッジ、電解コンデンサを搭載した床上回路ユニット、手前がLED、DC-DCコンバータ、電流制限抵抗、上下接続コネクタを載せた天井ユニットです。床上回路ユニットの真下の台車を、次の写真のように生基板とプラビスを用いてフカヒレイコライザと絶縁し、リード線と床板から絶縁したビスで床上回路ユニットに接続してあります。
Illumassembly4
 床上回路ユニットのもう一方の入力は車体アースで、回路ユニットを床板に留めるビス:次の写真のインダクタの左側のビスで接続されます。
Illumassembly2

 天井ユニットのコネクタ部分です。 
Illumassembly3

 右側の黒テープで絶縁した角線の先がコネクタとして床上の回路ユニットの基板に接触し、上下が接続されます。

 DC-DCコンバータの屋根裏へのおさまり具合です。
Illumassembly6_2


 室内灯が完了したので、屋根の仕上げ、デッキの手すり、トラスロッドなど、デテールの工作に入ります。手すりが手ごわそうです。

|

« 旧阪鶴鉄道の客車(14) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(16) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧阪鶴鉄道の客車(14) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(16) »