« 旧阪鶴鉄道の客車(8) | Main | 8380(48) 完成 »

April 19, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(9)

 床板にブレーキシリンダーとテコ類を取り付けました。
Frame3
 フカヒレイコライザーの一部分がブレーキテコ受けと干渉するので、まず1両についてイコライザーの一部を欠き取り、イコライザーの組立て分解が支障なく行えること及びイコライザーがスムースに動くことを確認してから残り3両の加工を行いました。
 センターピン部分のフカヒレイコライザーが赤っぽくなっていますが、これは片側の台車を絶縁するためのt0.5の生基板で、センターピンにはプラビスを用いています。この基板に室内灯点灯回路へのリード線をはんだ付けします。
 あとは、車体を箱に組み、下回りにトラス棒を付ければほぼ完成となりますが、だいぶ暖かくなったので、ここで一時中断して形式8380の塗装を行うことにします。

|

« 旧阪鶴鉄道の客車(8) | Main | 8380(48) 完成 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧阪鶴鉄道の客車(8) | Main | 8380(48) 完成 »