« 旧阪鶴鉄道の客車(6) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(8) »

March 31, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(7)

 屋根はひとまずおいて下回りのパーツを準備しました。
Frame1
 4両分となると繰り返しが多くなかなか根気が続きません。一部レーザーカット外注するなどして、2週間掛かって何とか完了しました。写真上床板の上下は1×3のチャンネルのフレームとその補強板、クイーンポスト、床板の左右は、外側から、端梁、デッキ上板、デッキ下板(レーザーカット)、中間梁です。ステップは角パイプから切り出しましたが写真撮影時に並べ忘れました。
 写真下はフカヒレイコライザーのパーツで、レーザーカット外注のフカヒレ、φ2のパイプを加工した回転軸、角棒からフライス加工した軸受けです。
 組み立ては治具を工夫して効率よく進める予定です。

|

« 旧阪鶴鉄道の客車(6) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(8) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧阪鶴鉄道の客車(6) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(8) »