« 旧阪鶴鉄道の客車(1) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(3) »

February 27, 2015

旧阪鶴鉄道の客車(2)

 残りの3両の車体パーツを切り出して整形しました。
Body_parts2
 上からホハ、ホイロ、ホハユニです。ホハユニは側面の一部が廊下(デッキ)になっているタイプなのでそのパーツや荷物扉、郵便室扉などにぎやかです。

 側板下部の切断は、先行ホハは前記事のコメントに記したように遠藤機械の切断機で行いましたが、、今回はミニサーキュラーソーを用いました。側板上部はエッチングで抜かれているのでランナーと前後の余白部分を切断してランナー部分をヤスリ仕上げますが、この切断前に、デッキ屋根に細く伸びた側板上部を保護するために、次の写真のように、適当な帯板を表面にハンダ付けしておきます。
Etching2
 ミニサーキュラーソーのガイドを側板の高さ+αの位置に固定して側板下部を切断し、α分をヤスリで仕上げます。
Etching3
 ガイドを側板高さぴったりの位置にすればヤスリ仕上げなしで行けそうですが、切断距離が長いためか、丸鋸刃の弾性(しなり)によると思われる誤差が出たのでα=0.2ぐらいで切断しました。この程度ならヤスリ仕上げも苦になりません。
 保護用の帯板は側板前後の切断・仕上げ前に外し、その代わりの保護として裏面に0.8角線をハンダ付けしておきました。

|

« 旧阪鶴鉄道の客車(1) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(3) »

Comments

解説ありがとうございました。
ます側板上縁を仕上げてからそれをガイドに下縁を仕上げるのですね。
エッチング板を作られたSさんは、このくらいの直線は糸ノコで楽に切れるといわれますが達人は違いますね。私のようなヘタレは何か楽して切りたいと思います。

Posted by: ゆうえん・こうじ | February 28, 2015 01:03 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧阪鶴鉄道の客車(1) | Main | 旧阪鶴鉄道の客車(3) »