« 旧九州鉄道の客車(1) | Main | 旧九州鉄道の客車(3) »

December 25, 2014

旧九州鉄道の客車(2)

 前回更新からちょうど一か月、ホハとホハニの上回り素組が完了しました。
Body
 車体を箱状にして床板取付用のアングルをはんだ付けし、床板をビス留めすると側板が反って歪みました。アングルの直角が出てなく鋭角気味だったのが原因でした。仕方なくアングルを外して角度を修正しましたが、結構手間が掛かりました。

 屋根はハンダめっきアルミ板を自作の3本ロールで曲げました。屋根にはトルペード型ベンチレーターを取り付けますが、アルミの断面にはハンダが回らないので、真鍮パイプを輪切りにしたワッシャで補強しています。
Yane
 床板はホロハの軽量化のため3両分作っています。アルミ化で床板の厚さが0.3mm薄くなるので、ホハとホハニは床板取付用アングルの取り付け位置を0.3mm下げ、デッキ部分にt0.3真鍮板を貼って対応しました。ホロハは車体が完成済みなので床板の縁にt0.3の真鍮板を貼り付けました。一番下がホロハ用です。
Yukaita2

 トラス棒とブレーキ関係を取り付ければ下回りも完成となります。室内をどうするかは思案中です。

|

« 旧九州鉄道の客車(1) | Main | 旧九州鉄道の客車(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 旧九州鉄道の客車(1) | Main | 旧九州鉄道の客車(3) »