« 8380(45) ディテール(2) | Main | 8550のパワーアップ »

November 14, 2014

8380(46) ウェイト

 ウェイト積み込みが完了しました。
Weight0
 ご覧のように機関車総重量は452gとかなりの重量級になりました。

 下回り
Weight1

 上回り ボイラー
Weight2
キット付属のウェイトのほか、モーター回り、煙室に補重しました。

 上回り キャブ
Weight3
屋根のほか、窓下火室脇にも補重。

 以上で重心を見たところ、第2動輪の少し前だったので、テンダー前部に補重し、ドローバーを介してエンジン側に掛けるようにしました。
Weight4

 エンジン重量342g、テンダー重量110gですが、テンダー重量の一部をエンジンに掛けるようにしたので、軸重は、先輪32グラム、動輪341g、テンダー車輪79gとなりました。牽引力を測定すると、72gと期待通りの強力機になりました。平坦路650Rで、いずれもブラス製のボギー客車8両+2軸客車7両を牽きました。

 同規模の旧作:形式8550は全重量335g、動輪軸重193gで牽引力が30グラム程度しかなく、かなり見劣りするので、次のプロジェクトは8550牽引力倍増になりそうです。

|

« 8380(45) ディテール(2) | Main | 8550のパワーアップ »

Comments

この重量感いいですね。ウエイトがきれいに流し込み成形されていて参考になります。当鉄道でも重量列車を用意してお待ちしてますね。

Posted by: Mogul | November 16, 2014 09:33 PM

Mogulさん、コメントありがとうございます。
ウェイトは、やや大きめにヒノキ棒などで作った鋳型に流し込み、太いエンドミルで現物合わせで整形しています。

Posted by: Yuki | November 17, 2014 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 8380(45) ディテール(2) | Main | 8550のパワーアップ »