« 8380(28) テンダー上回り(5) | Main | 駅の付属建築物 »

June 28, 2013

レイアウトのかさ上げ

 1ヶ月もあけてしまいました。実は先月下旬からなぜか急にレイアウトをいじりたくなって、完成の見えた8380をほっぽり出してレイアウトに明け暮れていました。ちょうど3年ぶりのレイアウト復帰です。
 まず手を付けたのが最急カーブの拡大です。7番のカーブポイントの小さいほうのカーブがカタログ上は610Rですが実際は 510Rだったので7.5番に変更しました。さらに一部設計上600Rとしていたカーブを700Rに変更しました。工事が杜撰なのかもしれませんが、設計上600Rだと実質上それ以下になる部分が出てきてしまうようで、極端にスピードダウンする場所がありました。
 次がレイアウト全体のかさ上げです。かさ上げ前は床からレール面までが椅子に座ってちょうど良い930ミリでした。レイアウトを眺めることに関しては特に問題はありませんでしたが、エンドレスに組むと本棚をふさいでしまいます。(完全固定ではなく本棚や、縁側部分は着脱式)出来るだけ簡単に着脱できるように工夫しましたが、実際には結構な体力が必要なため、常時エンドレスにしておきたくなり、本棚をクリアするために240㎜のかさ上げが必要になりました。
 かさ上げ後は、床から1170ミリになり椅子に座るとちょうどレール面がアイレベルになり悪くありませんし、立って眺めるにも良い高さなので決行した次第です。
Kasaage
Kasaage2
 駅や機関区のブロックは一人では持ち上がらなかったので、自動車に付属のジャッキを使って左右を交互に少しずつ持ち上げ、雑誌(TMS)を積み増して、所定の高さになったところで準備しておいた土台板を挿入してかさ上げに成功しました。
 駅部分を作りこむ予定で用地も若干拡張しました。

|

« 8380(28) テンダー上回り(5) | Main | 駅の付属建築物 »

Comments

高くなさいましたね。御同慶の至りです。高いほど具合の良いことが多くなります。下の収納部分が多くなることも、日本のような狭い国では有り難いことです。
また、座った時の視点がちょうど模型を横から見る高さというのは絶妙です。狭いレイアウトが広く見えますしね。

Posted by: dda40x | June 29, 2013 06:15 PM

実施についてはかなり迷いましたが、最後はdda40xさんのブログの高さに関するご意見に背中を押していただきました。ありがとうございました。
これでほぼ常設に出来るので建設工事もはかどるでしょう。

Posted by: yuki | June 29, 2013 10:35 PM

横濱鉄道の大改造工事完成おめでとうございます。これで、いつでもエンドレスの運転ができるようになるのですね。曲線半径を大きくされたのでとても使い勝手がよくなったのではと推測してます。

Posted by: Mogul | June 30, 2013 06:49 PM

Mogulさん、ありがとうございます。
Mogulさんのレイアウトに刺激されて急にレイアウトモードになったようです。車輌作りとうまくバランスを取りながら進められるといいのですが。

Posted by: yuki | June 30, 2013 07:12 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 8380(28) テンダー上回り(5) | Main | 駅の付属建築物 »