« April 2013 | Main | June 2013 »

May 20, 2013

8380(28) テンダー上回り(5)

 引き続きテンダーのデテール工作で、後妻の上下連結用のステイ、ランプ掛け、前方では手摺、検水コック(蛇口)、工具箱を取り付けました。ブレーキハンドルは細く作り直しました。
Tender14
Tender15
 ステイはエコーモデルのエッチング製リベット付ウインドシルを加工。ランプ掛けは下部左右はエコーモデルのロストパーツを利用しました。上部はt0.8真鍮板から削りだし、リベットに見立てたφ0.3真鍮線でカシメて取り付けて強度を確保しました。
 手摺は真鍮板の小片で上下の取付金具を表現してあります。些細なことですがこれによりグッと細密感が増します。検水コックは真鍮線にハンドレールノブを組み合わせてそれらしく作りました。工具箱はキットに入っていたロストパーツです。
 これでテンダー上回りの工作は完了です。次はテンダー下回りに移ります。エンジンが完成するとテンダーのデテーリングが億劫になりがちなので今回はテンダーを先に完成させることにしました。

| | Comments (0)

May 11, 2013

8380(27) テンダー上回り(4)

 テンダーのフレアコーナーを仕上げ、フレア部分の縁取りを行い、給水ハッチ、給水コック、ブレーキハンドルなどを取り付けました。
Tender13_2
 フレアコーナーは切り欠きを平行に仕上げ1/4円筒状に曲げた小片を芋付けしましたが、なかなかきれいに収まりません。いつも数回やり直してもわずかな段差が残ってヤスリでごまかし、「まーいいか」と妥協の産物です。もっとスマートな方法はないものでしょうか。
 

| | Comments (2)

May 03, 2013

8380(26) テンダー上回り(3)

 テンダー上回りを組み立てました。
Tender7
Tender8
 フレア部分を曲げ、上板、前板や下回りをビス止めする金具などを取り付け、石炭取り出し口をそれらしくまとめました。

 床板はフレームに貼り付けてボディにはめ込むようにしてあります。床板に音抜きの小孔をあけ、スピーカーをパイプとビス、ワッシャで固定するようにしました。
Tender10_2
Tender11_2
 配線上の都合で、スピーカーを2ミリほどかさ上げして取り付けましたが、ホーン効果で音質向上も期待できます。
 
 フレアのコーナーの仕上げはこれからですが、テンダーが形になったのでエンジンとつないで記念撮影です。
Zentai1
 今後は、エンジン、テンダーともデテール工作に移ります。 

| | Comments (0)

« April 2013 | Main | June 2013 »