« 8380(21) フロントデッキ | Main | 8380(23) 担いバネ »

March 25, 2013

8380(22) 屋根

 キャブに屋根がつきました。
Roof1
 この機関車の屋根は他のボールドウイン製とは異なり、両肩が滑らかにキャブ側板とつながっています。縁取りがあることも含め、形式5200などピッツバーグ製の機関車とよく似ています。さらに、雨どいが傾いて取り付けられていて大変珍しい形態をしています。
 キャブ内装作業や塗装を考慮して、前作の形式5200と同じ構造の着脱式にしました。
Roof2
Roof3
Roof4
 縁取りはφ0.35の洋白線を半丸に加工したものです。雨どいは適当な帯板の在庫がなかったので、t0.5洋白板をフライスカッターで0.4幅にスライスし、板厚を見せるように貼り付けました。ベンチレータは厚板からフライス加工で削り出しました。
 キャブ側板との突合せ部分は完全密着は出来ないので隙間から向こう側の光が漏れないように、内側に遮蔽板を取り付けました。キャブ窓上の遮蔽板は屋根側に、キャブ後方は補強板を兼ねてキャブ側に付けてあります。
 屋根のベンチレータ中心にM2タップを立て、後部妻板に付けたL金具とビス1本で固定するようにしました。
 次は最後の大物、テンダー上回りに取り掛かる予定です。

|

« 8380(21) フロントデッキ | Main | 8380(23) 担いバネ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 8380(21) フロントデッキ | Main | 8380(23) 担いバネ »