« 8380(16) ボイラー | Main | 旋盤のDRO化 »

December 24, 2012

8380(17) ボイラーの補足

 前の記事で、ボイラーを自作することにした最大の理由を書き漏らしました。
 キットのモーターはマシマのφ16なので、それに合わせてか火室の外幅が約19ミリになっています。このため火室の側面がランボードの上に大きく露出してしまい、印象を大きく損ねているのです。
 対策として、モーターをφ13のものに換え、火室外幅が14ミリ程度になるようにしました。そのために、ランボード、ボイラーを自作することにしたのです。

|

« 8380(16) ボイラー | Main | 旋盤のDRO化 »

Comments

確かにYukiさんがおっしゃるように珊瑚の8100はモーターを避けるため96みたいな広火室のまがいの形態になっていますね。またボイラーもスケールより1mm太いので、さらに印象が違うのだと思います。私は(旧製品を)組むときボイラーを1mm細くしました。

Posted by: ゆうえん・こうじ | December 24, 2012 05:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 8380(16) ボイラー | Main | 旋盤のDRO化 »