« 事故処理 | Main | 8380(1) 製作開始 »

September 16, 2012

5200 完成

 ようやく塗装を完了し完成の運びとなりました。生地完成から2ヶ月もかかったのは、猛暑や転落事故のせいだけではありませんでした。昨年からいさみやのカラープライマーを使い始めたのですが、グレーがむら(細かい凹凸)になりやすく、数回やり直しました。たぶん濃度の問題だと思うのですが薄めすぎも良くないようでまだ最適解が分かっていません。猛暑が影響しているのかも知れず、今後の課題です。なお、黒は問題ありませんでした。
 赤と黒のツートーン仕上げとしました。赤は浮津さんの7650修復で使ったパープルルビーです。この赤が気に入って、当時から本機にも使おうと考えていたものでした。バッファーヘッドも同じ赤にしました。
Finished1


Finished3
 ボイラーバンド、煙突キャップ、シリンダー前後蓋、ナンバーなど磨き出し部分は「めっき工房」で金メッキしてあります。赤部分は半艶クリア、黒部分はつや消しクリアでオーバーコート。煙室部はさらにタミヤエナメルの艶消し黒を吹いてエコーモデルのウエザリングブラックを刷り込みました。下回りはタミヤエナメルのバフで軽くウエザリングしてあります。  

|

« 事故処理 | Main | 8380(1) 製作開始 »

Comments

完成おめでとうございます。
うれしさもひとしおのことと思います。
現物をぜひ拝見したいです。
お会いできる日を楽しみにしています。

Posted by: ozu | September 16, 2012 08:19 PM

ありがとうございます。
形は完成ですが、走りがいまいちなのでしばらく調整に手間取りそうです。

手術とその後が順調に推移するようお祈りいたします。

Posted by: Yuki | September 16, 2012 09:54 PM

完成おめでとうございます。
綺麗な赤ですね。

Yukiさんは、煙室部はタミヤのエナメルを吹き付けされるのですね。私はいつもタミヤのアクリルを筆塗りします。
また磨きだし部は予め金メッキされるのですね。こういう部分メッキにこそメッキ工房の真価が発揮されますね。

Posted by: ゆうえん・こうじ | September 17, 2012 11:30 AM

ゆうえんさん、ありがとうございます。
写真では朱色っぽくなっていますが、実際はやや紫がかっています。

タミヤエナメルの艶消し黒は、乾燥後布で磨くだけでいい感じになります。

Posted by: Yuki | September 17, 2012 06:21 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 事故処理 | Main | 8380(1) 製作開始 »