« 5200パイピング(1) | Main | 5200キャブ手すりとステップ »

June 25, 2012

5200パイピング(2)+

 パイピングの続きで、砂撒き管とほとんど隠れているブレーキ管のうち唯一キャブ下に出ている復水器を取り付け、さらに汽笛・安全弁と逆止弁前方のステップが付きました。
Sand_pipe
Whistle1

 汽笛・安全弁は真鍮丸棒から旋削し、汽笛の後方にφ0.4真鍮線から作った作用梃子を差し込みました。汽笛・安全弁は小円板に取り付けて、今は台座に乗せてあるだけで、塗装後に接着します。
Whistle2

 これで、残りはキャブ、ボイラー、テンダーの手すり、キャブ下のステップ、煙室のクリーニングホール程度となり、完成が見えてきました。


|

« 5200パイピング(1) | Main | 5200キャブ手すりとステップ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5200パイピング(1) | Main | 5200キャブ手すりとステップ »