« 5200パイピング(2)+ | Main | 5200ボイラーの手すりなど »

June 29, 2012

5200キャブ手すりとステップ

 キャブ妻板の手すりとキャブ下のステップを取り付けました。
Cab_step1
Cab_step2
 ハンドレールノブは珊瑚模型店の1ミリ高のロスト製を用い、独特の形状の手すりはφ0.4の洋白線の片側をバイスでつぶして孔をあけ、写真とにらめっこで下方を丸め、ステップの支柱上部にはめ込んであります。
 2.5×2.5ミリのちりとりみたいな形状のステップはt1.0の真鍮板をφ0.6のエンドミルを用いてフライス加工して作り、支柱は強度が必要のため、φ0.4のばね用ステンレス線を用いました。
 すでに取り付けてあった砂撒き管は、ステップの支柱がぶら下がっている端梁の両端をR加工するのに邪魔だったのと、まだ頻繁に上下の組み立て/分解をするのに支障があるので前後とも外しました。洋白線では手が触れたりして変形しやすいので、ばね用ステンレス線で作り直しましたが、塗装の直前まで取り付けないことにしました。

 また、サンドドームの砂撒き管元栓の位置が高すぎたのと形状が気に入らなくなったので作り直しました。
Sand_dome3
 元栓は細密パイプを組み合わせて作りました。砂撒き管がφ0.4なので外径0.6、内径0.4のパイプにφ0.4のドリルロッドを通し、その外側に外径1.0、内径0.7のパイプをはめてバイスでつぶすと、断面が1.2×0.8程度の長円になります。ドーム側に前回紹介した治具とφ0.8のエンドミルを用いて上記寸法の長円の孔を開け、はめ込んで半田付けしました。

|

« 5200パイピング(2)+ | Main | 5200ボイラーの手すりなど »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 5200パイピング(2)+ | Main | 5200ボイラーの手すりなど »