« 形式6200のDCC化 | Main | 5200キャブ屋根 »

January 30, 2012

5200再開

 4年前に病気療養で中断を余儀なくされた形式5200の製作を再開します。療養は半年ほどだったのですがスクラッチする気力の回復に時間がかかりました。その間に行ったストラクチャや客貨車の製作や機関車のDCC化など軽めの工作が良いリハビリになり、DCC化も一段落してようやくやる気が出てきました。
 4年も空白があると、設計意図などすっかり忘れているので、まずはおさらいとして分解して再度組み立てて構成を確認。そのあと走行状態や外観をチェックしました。その結果、軸箱の上下動の引っかかり、メインロッドとガイドヨークの接触、先輪とフロントデッキの接触などの不具合が見つかり、それらを修正してスムーズに走行するようになりました。
Karikumi1
 キャブとランボードは中断前に済んでいました。キャブはリベットがきれいに出るように外板がt0.2洋白板、内板はt0.3です。ランボードはt0.6洋白板で作りました。キャブとランボードは固定しましたが、ボイラーはまだはめ込んだだけです。

 テンダーのロンビックイコライザも中断前に一部改良してあります。
Tender2
 後輪側(写真右側)にイコライザ支点を追加しました。原理的には前輪側だけで良いことになっていますが、スムーズな動きのためにわずかなガタが必要で、その影響で後ろ下がりになっていました。

|

« 形式6200のDCC化 | Main | 5200キャブ屋根 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 形式6200のDCC化 | Main | 5200キャブ屋根 »