« 音源車(5) | Main | 音源車(7) »

December 09, 2011

音源車(6)

 下回りを組み立てました。まず床板に、フレーム、カプラー台を半田付けし、軸受けを段つきビスでルーズに床板に取り付けます。キットは軸受け1個につき2本の段つきビスで取り付けるようになっていますが、1本で大丈夫でした。イコライザ支点はイコライザをはめ、軸受けのイコライザ受けに現物合わせして床板に半田付けしました。
Equalizer2_2
 軸受けでミスがありました。車輪を入れようとしたらイコライザ受けが邪魔でうまく入りません。以前魚車も同じように加工したのに問題なかったので確認したら、今回は敷板の耳の部分を切り落とし忘れていました。これを落とさないとブレーキシューの高さもおかしくなります。片側は切り落とせばいいのですが、軸受けを半田付けした側は簡単には行きません。結局糸鋸とフライスで慎重に切れ目を入れ、剥がし取りました。
Jikuuke_kakou7
 もうひとつ、軸受け上側の溝に車軸方向の支点としてφ0.8の線材を付けましたが、写真○印の部分にも必要でした。これがないと軸受けが前後方向に傾きがちになります。
Jikuuke_kakou8
 車輪を入れて下回りを組み立てイコライザの動きを確認したところOKでした。
Shitamawari_2
 ブレーキ機構など下回りのデテーリングは後回しにして、次は上回りに移ります。

|

« 音源車(5) | Main | 音源車(7) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 音源車(5) | Main | 音源車(7) »