« 音源車(10) | Main | 音源車(12) »

December 19, 2011

音源車(11)

 屋根と四隅の柱、下側のドアレールを付けて上回りの工作は完了です。四隅の柱は市販のアングルでは厚さが足りないので、肉厚0.3ミリの2ミリ角パイプをアングル状に切り出しました。内部応力の影響で出るそりは貼り付けながら矯正しました。ドアレールは下回りに付けてあります。
Uawamawari_2
 次は集電、ディップスイッチ基板の作成、デコーダの配線など電装関係に移ります。

|

« 音源車(10) | Main | 音源車(12) »

Comments

私も使用箇所によっては折り曲げの市販品でなく、角パイプからアングルやチャンネルを切り出して使っています。

Posted by: railtruck | December 20, 2011 09:51 AM

railtruckさん、コメントありがとうございます。
角パイプは角がきっちり出るのが良いですね。そりは事前に熱処理をすると防止できるそうで、今度試してみるつもりです。

Posted by: Yuki | December 20, 2011 12:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 音源車(10) | Main | 音源車(12) »