« チクの改造(2) | Main | チクの改造(4) »

November 20, 2011

チクの改造(3)

 メインのウエイトはギア部や配線のビスナットとのクリアランスを最小にするように、型を作って鉛を流し込んで作りました。型は木製で、流し込みによって表面が焦げますが形状には影響ありません。
Weight_kata
 鋳上がったウエイトのバリや当たりを取って仕上げました。
Weight
Sitamawari2
 このままだと重心が偏るので、板状ウエイトを側板、妻板に貼り付けてバランス調整をしました。
Body
 上下を組んでDCで試運転OKだったので、次はDCCデコーダー搭載とCV値の設定です。

|

« チクの改造(2) | Main | チクの改造(4) »

Comments

中村さん、チクの製作が着々と進んでいるようで楽しみです。相当重そうですが、何グラムぐらいあるのでしょうか。

Posted by: Mogul | November 20, 2011 07:23 PM

230グラムでした。全長60ミリと小さい割には重いです。金属製の2軸車7両とボギー車2両の編成を余裕で牽くので牽引力は十分です。

Posted by: Yuki | November 20, 2011 10:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« チクの改造(2) | Main | チクの改造(4) »