« 水没車両の修復(13) | Main | チクの改造(1) »

October 23, 2011

形式160(2)

 形式7650の修復時にはじめた形式160キットの組み立は、1日やったら気分転換の目的が叶いました。7650の修復が済んでしばらくボーっとしていましたが、160の組み立てを再開しました。
 床板を組みたて、ロッドを付けて転がりテストを行うと、右側のピストンロッドの動きが少し渋いので調べたら、右側シリンダーが少し後ろよりになっていたため、ピストンロッドが最前部に行ったときにシリンダー前蓋にわずかに当たっていました。シリンダーの取り付け孔を広げて前よりになるようにして解決しましたが、念のためピストンロッドを少し短くしておきました。
 ギアボックスを組み立て、モータを搭載して配線し試運転を行ったところ良好でした。
Shitamawari2
 2日間で試運転まで出来るのはキット組み立てならではですね。


|

« 水没車両の修復(13) | Main | チクの改造(1) »

Comments

>2日間で試運転まで出来るのはキット組み立てならではですね。

気分転換にはキットの素組ですぐ試運転できるのいいですが、逆に物足りなくないですか?
スクラッチで試運転まで何ヶ月?いや何年?かかるかもしれないと思いながら黙々と作るのは自虐的な愉しみかもしれないですね。

Posted by: ゆうえん・こうじ | October 23, 2011 10:22 PM

確かに物足りなさは感じますが、最近のキットはロスト多用で完成度が上がったため追加工の余地がありません。
従来のキットは追加工で自分らしさを出せていたのに、これからは個性を出しにくくなりますね。

Posted by: Yuki | October 24, 2011 05:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 水没車両の修復(13) | Main | チクの改造(1) »