« 形式10のDCC化 | Main | 水没車輌の修復(1) »

July 28, 2011

形式6400のDCC化

 このところDCC化の記事ばかりですが、PFMサウンド方式を組み込んでいない機関車を優先してDCCサウンド化を進めています。今度は6400キャブ嵩上げタイプ。ムサシノモデルの完成品で数年前にネットオークションで入手したものです。
 本機はテンダードライブ方式を採用しているのでスピーカの搭載は無理です。サウンドデコーダとスピーカは牽引される客車=マツモト模型店特製の最大急行のスニ19950に載せることにしました。
 テンダーは両サイドにウエイトが積まれているので、デコーダスペースはモータ前後のギヤ上方しかありません。配線のやりやすい後部とし、フライホイールと接触しないようにテンダー天板に両面テープで固定しました。
6400dcc
 スニ19950は、マツモト模型店特製のペーパー客車の室内灯追加のパイロットも兼ねて、室内灯工事もいっしょに行いました。
Suni
 室内灯回路の基板は、床下の電池箱に隠れるように、床板中央に角孔をあけて落とし込みます。配線は、床板に彫った溝にポリウレタン線を這わせて、プラの床板で隠します。サウンドデコーダのピックアップは基板の該当箇所に接続します。スピーカはエンクロージャ付きのまま床板に貼り付け、床板には音抜きの孔をあけました。
 室内灯の回路は右側に見える接点で車体側に接続されます。チラツキ防止用の1000μFのコンデンサは接点の裏側部分に取り付けてあります。照明の効果を上げるために天井と側板の窓下にベージュ色のアート紙を貼り付けました。

 走行、サウンド両デコーダのCV値を設定して完成です。スニは自作デカールによる標記を追加しました。
6400dccressha_2

 このあとはオハ、オロリシなどスニと編成を組む客車のインテリアと室内灯追加工事を行う予定です。

|

« 形式10のDCC化 | Main | 水没車輌の修復(1) »

Comments

ところでムサシノの6400 テンダードライブのようですが牽引力はどうですか?マツモト模型のパーパー客車なら何両くらい牽けそうですか?

Posted by: ゆうえん・こうじ | July 30, 2011 01:35 AM

マツモト模型のペーパー客車8両や金属製の日本鉄道魚腹台枠客車4両を余裕で牽きました。
私のは普通のタイヤですが、ゴムタイヤ付き車輪が添付されていたようなので牽引力の心配はないようです。

Posted by: 中村行男 | July 30, 2011 02:23 PM

それだけ牽引できれば、十分ですね。ゴムタイヤ装着すればもっと牽けそうですね。
ということは4-4-0ならテンダードライブという選択枝もありそうです。

Posted by: ゆうえん・こうじ | July 31, 2011 11:07 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 形式10のDCC化 | Main | 水没車輌の修復(1) »