« フライスのDRO化 | Main | マツモト模型店製木造客車 »

April 14, 2011

3軸ボギー台車(8)

 ロストワックスの試作があがってきました。追加工は、湯口部分の整形のほか、フレームの枕梁取り付け孔あけ・M1.4 タップたてと軸箱上部のイコライザーピン差込み孔あけです。軸孔も必要に応じてセンタードリル等で少しもみます。
 心配していた軸箱とフレームのペデスタルとの嵌めあいも適当なガタがあって問題なしでした。枕梁をt0.8真鍮板で作成して組み立てました。スプリングが固めなので軸箱可動の効果はあまり期待できませんが、合格と判断しました。
 問題がひとつあります。コストです。1両あたりフレーム4個、軸箱6個、イコライザー8個のロスト部品で約5、000円、さらに特注のスプリング8個とレーザーカットの枕梁2枚、車輪を加えると1万円ぐらいになりそうです。可動式を選択した時点で覚悟していましたが、趣味でなければ没ですね。39daisharosutosisaku


|

« フライスのDRO化 | Main | マツモト模型店製木造客車 »

Comments

出来ましたね、拍手です。
ところで、真鍮のレザーカットは薄い板なので可能ですが、技術的に問題があり請負ってくれるのでしょうか。

Posted by: ハーイ | April 14, 2011 06:04 PM

ハーイさん、ありがとうございます。
レーザーカットは以前Yさんがフレームやロッドなどを依頼したところで、私も日鉄客車の屋根板スペーサーを頼んだことがあります。

Posted by: 中村行男 | April 14, 2011 07:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« フライスのDRO化 | Main | マツモト模型店製木造客車 »