« 機関庫のピットと照明 | Main | 貨車の増備(1)観音トム »

June 28, 2010

レールの塗装

地面に取り掛かる前に枕木とレールの塗装をしました。まず枕木にタミヤのレッドブラウンのスプレーを吹き、さらにフラットベースを多めに入れたものを筆塗りしました。レールのさび色はクレオスの水性アクリルのラストを使いきったので調達に走ったところ、どこにも置いてなくて入手できず困りました。TMS1月号のメディアチェックで紹介されていたローラー式を思い出したので取り寄せて使ってみました。筆塗りに比べてはるかに効率的で、色合いも悪くないのでお勧めです。Rail_painting


|

« 機関庫のピットと照明 | Main | 貨車の増備(1)観音トム »

Comments

こんにちは。
着々と工事が進んでいますネ。
中々良い錆色ですが、バラストは撒かないのですか?
ターンテーブル、機関車庫・・・完成を楽しみにしています!!!

Posted by: mizoken | June 29, 2010 05:19 PM

いつもコメントいただきありがとうございます。
バラスト、もちろん撒きますよ。その前にレール周辺の地面を整えなければなりません。

Posted by: 中村行男 | June 29, 2010 10:56 PM

当然ですよネ。
自動停止装置のあるターンテーブルや風情のあるレンガ造りの機関車庫等々あるのにバラスト抜きじゃ、画龍点晴を欠くですよネ。失礼しました。
只、その昔、小さなレイアウトもどきの物を作った時は、バラストを撒いてからレールを着色し、その後レールの踏面を磨き出す手順だったもので、つい・・・(汗)

Posted by: mizoken | June 30, 2010 04:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 機関庫のピットと照明 | Main | 貨車の増備(1)観音トム »