« DCCの導入 | Main | LED室内灯 »

November 23, 2009

山越えの駅モジュール

 古典祭は先月18日に無事終了しました。9月以降はその準備でてんてこ舞いでした。その反動でしょうか、済んだら気が抜けてしばらくボーっとしていてまた間があいてしまいました。
 その古典祭用にもうひとつモジュールレイアウトを製作しました。古典らしさを出すためにレンガ造りの給水塔のある駅のモジュールです。これから山越えをするために水を補給するとの想定です。駅のはずれに危険品倉庫(珊瑚模型店キット組み立て)、機関車の停車するあたりに給水塔(同)・井戸・ポンプ小屋、アッシュピット、灰置き場を、さらに保線支区として詰所、倉庫(以前紹介したヒルマ製キット組み立て)も配置しました
 これらの建物はレイアウトと共用することとモジュールの持ち運びを考慮して取り外し式とし、百均のプラケースに収納します。このプラケースは、モジュールの裏側に2本の棒材を接着してワンタッチで着脱するようにして、常にモジュールと一緒に持ち運び出来るようにしました。
Module21_2Module22

|

« DCCの導入 | Main | LED室内灯 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« DCCの導入 | Main | LED室内灯 »