« April 2007 | Main | July 2007 »

May 20, 2007

9750(10)

 加工の都合で外したり、外れた部品を取り付けました。
 ブレーキシューは厚板からシューとテコ一体で削りだしてありました。同じものが12個。多少のばらつきはありますが手作りの味がなんとも言えません。φ16の動輪に18ミリの軸距ですから、前後の動輪との間に適当なボール紙を挟んで接触しないよう慎重に作業しました。それでも試運転ではショートが頻発しました。固定軸用に作られたブレーキシューを可動軸に使ったので当然の結果でしょう。絶縁側のタイヤにあたる部分をモーターツールで斜めに落として対処しました。
 そのほか、外れていたテンダーのステップ、ランプ掛けを取り付け、破損していたキャブ妻のハンドレールノブ、ゆがみのあったボイラーのハンドレールなどを交換して、未塗装完成となりました。
9750kijikannsei_1
 このまましばらく慣らし運転をしたのち塗装することにします。
 塗装といえば、以前プライマーの剥離に触れましたが、あのあといろいろ試した結果、オレンジオイル系の接着剥がし剤が良いようです。塗ったのが乾かないようにビニール袋に入れて一昼夜放置すると、真鍮ブラシでこすり落とせる程度に軟化します。

| | Comments (2)

May 06, 2007

9750(9)

 サウンドを搭載しました。
9750sound3
9750sound2_1 写真は、上が前フレーム、次が後フレームのサウンド同期コンタクトとシューの組み込み状況です。旋盤で外径を小さく加工したさかつうのワンタッチコンタクトを第1動輪と第5動輪に取り付けました。サウンド同期回路は、プリント基板にサウンド接点シュー、チップコンデンサをハンダ付けし、モーションプレート取り付け板の下側にビス止めしました。
9750sound1_2 写真右側が前フレームの接点シューで、プリント基板にφ0.3燐青銅線の集電子をハンダ付し第1動輪絶縁側から直接集電してドローバーピンとの間のリード線を不要としました。
9750sound5
9750sound4 ロコ集電側のテンダーへの接続回路は、写真矢印のように、リード線をハンダ付けした細密パイプを、ロコ後部で途切れているパイピング(給水管?)に差し込むようにしました。テンダー側は、プリント基板を利用してリード線を使わずにスピーカーの端子に接続しました。
9750_tender2_1 スピーカーはφ28で、テンダー上下取り付け板や、上回り補強板などのあたる部分を削る必要がありましたが無事収まりました。

 次は、加工の都合で外したり、外れた部品の取り付けになります。

| | Comments (0)

« April 2007 | Main | July 2007 »