« 9750(9) | Main | 5200ギアボックス新製 »

May 20, 2007

9750(10)

 加工の都合で外したり、外れた部品を取り付けました。
 ブレーキシューは厚板からシューとテコ一体で削りだしてありました。同じものが12個。多少のばらつきはありますが手作りの味がなんとも言えません。φ16の動輪に18ミリの軸距ですから、前後の動輪との間に適当なボール紙を挟んで接触しないよう慎重に作業しました。それでも試運転ではショートが頻発しました。固定軸用に作られたブレーキシューを可動軸に使ったので当然の結果でしょう。絶縁側のタイヤにあたる部分をモーターツールで斜めに落として対処しました。
 そのほか、外れていたテンダーのステップ、ランプ掛けを取り付け、破損していたキャブ妻のハンドレールノブ、ゆがみのあったボイラーのハンドレールなどを交換して、未塗装完成となりました。
9750kijikannsei_1
 このまましばらく慣らし運転をしたのち塗装することにします。
 塗装といえば、以前プライマーの剥離に触れましたが、あのあといろいろ試した結果、オレンジオイル系の接着剥がし剤が良いようです。塗ったのが乾かないようにビニール袋に入れて一昼夜放置すると、真鍮ブラシでこすり落とせる程度に軟化します。

|

« 9750(9) | Main | 5200ギアボックス新製 »

Comments

生地完成おめでとうございます。
流石にこれ位の大きさになると写真でも迫力が伝わって来ますネ。
小生の方は、釣りが忙しくて中々図面も描けないのですが・・・、まぁ、焦らずにゆっくりとマイペースで行こうと思っています。

Posted by: 溝口 健 | May 24, 2007 04:34 PM

溝口さん、ありがとうございます。
釣りは成果が出ているようで、おめでとうございます。
生地完成といっても外回りは手を加えていないのでHさんの40年前の作品そのままです。

Posted by: 中村行男 | May 25, 2007 11:57 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 9750(9) | Main | 5200ギアボックス新製 »