« March 2007 | Main | May 2007 »

April 22, 2007

9750(8)

 バルブギアを修復しました。
 後フレームのコンビネーションレバーの関節部が破損したり、バルブスピンドルが外れて行方不明になっていたので再作しました。9750valvegear_1

 写真の黒っぽいのはHさんオリジナルのかしめピン。フランジがヤスリがけのときに出るバリ程度のわずかなもので、線材をたたいて加工したものと思われますが、同じように作るのは至難のわざでした
 バルブギアはリターンクランクへエキセントリックロッドをネジ止めしている以外はクロスヘッド、メインロッド、モーションプレートも含め、関節部はすべてかしめ止めで、分解できない作りになっています。メインロッドが分解できないのは調整等で不便なので後フレームは合併テコの作成ついでに合併テコとユニオンリンクの関節をビス止めに変更しました。
 前フレームのバルブギアは全くいじっていないので、調整なしで滑らかに動きましたが、後フレームは再作部分の当たりを削るなど調整が必要でした。

 テンダーの車輪を珊瑚模型製に交換しました。
9750_tender1_1
 元の車輪を、メッキして再利用するつもりで洗浄・研磨していたら2軸のタイヤが抜けてしまい、ロックタイトで修理を試みましたが1軸失敗してしたため交換しました。
 ボギー台車はもともと2点支持だったので、単軸の軸穴を長穴にして中央1点で受けて3点支持化しました。スピーカー用の穴あけも済ませました。
 機関車のモーター・ドローバーの配線を行い、テンダーを組み立ててようやくリモコン操縦状態から脱し、まともな試運転に漕ぎ着けました。結果は良好、至福の一瞬です。9750_siunntenn

 残りは、PFM方式のサウンド組み込み、ブレーキ機構など加工の都合で取り外したり、外れてしまったデテール部品の取り付けです。

| | Comments (0)

« March 2007 | Main | May 2007 »