« 9750(6) | Main | 9750(8) »

March 18, 2007

9750(7)

前フレーム第2動輪上部にコロ式復元機構の支点を設けました。
9750_koro_uke
フレーム側はギアボックスを跨ぐようにした受け台にコロ軸受け(下の写真第2動輪の上方)を取り付け、ボイラー側にへの字型に曲げたt0.2燐青銅板をつけました。コロは外形φ2.0の真鍮パイプです。コロ受け台と干渉するギアボックス上部を欠きとってあります。
なお、この復元方法はTMS名古屋特集に再録されている井上豊氏の記事を参考にさせていただきました。

前後の駆動軸の接続は、たまたま、だるまやのユニバーサルジョイントが寸法的にぴったりですが、中間軸の位相が90度ずれています。これは機械工学的には間違いで位相は同一であるのが正しいそうです。(だいぶ前にKKC会報で知りました)
そこで、片側のボール部分に90度ずらした穴を明けて修正しました。

前後のフレームをつないで駆動系の確認・調整を行いました。
9750frame_new4_2
モーターのリード線に直接パックから給電してリモコン操縦状態で下回りだけで走らせてみたところ良好でした。シリンダーブロック、ボイラーを搭載すると、案の定、駆動軸から騒音が発生しました。原因は、駆動軸と後部シリンダーブロックの貫通穴内側との接触です。貫通穴の拡大と前フレームの回転軸受けの高さ調整で解決しました。エンジン単体ですが、700R のS字を通過するのでOKとしました。
次は、一部破損したバルブギアの修理です。

|

« 9750(6) | Main | 9750(8) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 9750(6) | Main | 9750(8) »