« 9750リニューアル(1) | Main | 9750(3) »

November 19, 2006

9750(2)

 塗装の剥離を行いました。リムーバーでラッカーははがれましたが、下塗りのプライマーがなかなかはがれません。リムーバーを塗って長時間置いてもだめ、シンナーに一昼夜つけてもだめでした。あとは物理的にキサゲ刷毛などで除去するしかなさそうです。

 フレームに流し込んであったウエイトの鉛を除去しました。写真は加工前の後部フレームです。ばらしながら、あとあとの組み立てのためのメモとして記録したものなので新聞紙上の見苦しいものになってしまいましたが、ウエイトがすみずみまで流し込まれた様子が分かります。また、動輪の踏面のめっきがかなりはがれています。
9750frame_old

 フライス盤で主にエンドミルを使って鉛の肉厚を削り、ドライバーなどでこじって撤去しました。そのあと、軸受部分の角穴加工を行い、左右フレームを結ぶスペーサーやモーションプレート取り付け板を、イコラーザーに支障がないように切削しました。写真奥が後部フレーム、手前が前部フレームです。
9750frame_new

|

« 9750リニューアル(1) | Main | 9750(3) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 9750リニューアル(1) | Main | 9750(3) »